メニューへジャンプ。本文へジャンプ。

ホームよくある質問Q&A

ここからメニューです。

小売業の方へ

認証取得者や商品を紹介するポップの印刷ができます。

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
AdobeReaderをダウンロードする

ここから本文です。

消費者のみなさんへ

よくある質問Q&A

この「しずおか農林水産物認証制度」は、どのようなものですか?

食の安全に対する県民の関心が高まる中、県産農林水産物に対する安心と信頼を確保することを目的とした制度です。県内の産地などが行っている安全性確保や情報提供のシステムを県が認証するものです。認証取得者等の情報についてはこのホームページや認証マーク等で消費者やマーケットに情報発信していきます。

制度のフロー図

ページの先頭へ戻る

認証の対象は何ですか?

県内で生産を行なっている生産組織、農業法人、生産者が行なう安全性確保のシステム等です。システムの対象となる品目は農産物、特用林産物(きのこ類)、畜産物、水産物(うなぎ)で、今後順次他の品目にも拡大していく予定です。「しずおか農林水産物認証制度」の対象は、農林水産物等の製品ではなく安全性確保のシステム等を認証するものです。認証制度は何を認証するかによって、製品認証とシステム認証に分けられます。製品認証には、自治体が行うこだわり食品や特別栽培農産物の認証などが、システム認証にはISOや有機JAS認証などがあります。この制度は後者のシステム認証に該当します。

ページの先頭へ戻る

どのような取組みを行なっていると認証されるのですか?

生産から出荷までの生産工程全体を対象に、PDCAサイクル(計画・実行・点検・改善)に基づいて安全管理を運用することが用件です。

認証制度の対象とする生産組織のイメージ図

ページの先頭へ戻る

認証基準のレベルや内容は?

認証基準のレベルについては、安全管理のベースラインを設定するという視点から法令順守を基本にしています。基準は下表のとおりで生産管理、内部検査、内部研修、情報提供、コミュニケーションの5項目です。生産管理の具体的な取組内容については、しずおか農林水産物認証制度実施要領の品目別認証基準で確認して下さい。

認証基準

  • 生産段階の安全性確保のためのマネージメントシステム
  • 消費者、マーケット等への情報提供とコミュニケーション
項目 取組み内容
1. 生産管理 農産物

適正な生産環境の確保、適正な防除、生産履歴の記録・保管、生産履歴の点検及び残留農薬分析、労働安全

(野菜、米、果樹、茶)収穫・調製作業の衛生管理、集出荷施設の衛生管理

(茶) 茶園及び摘採作業の衛生管理、荒茶工場の衛生管理、荒茶の製造記録・混入防止

特用林産物

(原木栽培きのこ、菌床栽培きのこ)

 

適正な生産環境の確保、適正な防除、生産履歴の記録・保管、生産履歴の点検及び残留農薬分析、ほだ場及び収穫・調整・乾燥作業の衛生管理、集出荷施設の衛生管理

水産物

(うなぎ)

養殖環境の管理、種苗導入管理、飼養管理、生産履歴の記録・点検・保管、医薬品残留検査の実施、集荷・活鰻出荷の適正管理
   

    畜産物

(乳用牛、肉用牛、豚、採卵鶏、肉用鶏)

導入管理、飼養管理、施設管理、出荷管理、作業者管理、生産環境
内部検査 内部検査の実施及び問題点の改善
内部研修 生産者に対するルール等の周知
2. 情報提供 専用HP登録、生産情報開示請求への対応
コミュニケーション 問合せ、クレーム処理体制

ページの先頭へ戻る

どのような効果が期待されますか?

生産者や産地などが認証に向けて取り組むことで、安全管理レベルが向上し、県産農林水産物に対する信頼が高まることが期待できます。また、認証に基づく信頼性の高い情報が消費者やマーケットに提供されることで、消費者の安心につながります。

ページの先頭へ戻る

生産者にとって、どのようなメリットがあるのですか?

生産者の安全管理への信用が高まり、小売店や消費者との信頼関係が強固になります。また、食品衛生法の管理運営基準改正やポジティブリスト制導入など安全性に対する要求も高まっている中、ルールの文書化や記録を整備することで、安全管理に関する説明責任を果たすことにもなります。

ページの先頭へ戻る

いろいろな農林水産物の認証制度がありますが、どこが違いますか?

農林水産物に対する消費者やマーケットの評価の視点は、「安全・安心」「環境」「品質」の3つに大別され、それぞれに対応した認証制度等があります。この認証制度のテーマは「安全・安心」であり、JAS有機農産物、特別栽培農産物、エコファーマーなどの環境にやさしい農業の推進とは、別の視点に立った制度です。

テーマ 基準 具体例
安全安心
  • 安全管理システム
    (HACCP、GAPなど)
  • トレーサビリティシステム
しずおか農林水産物認証、生産情報公表JAS、ユーレップギャップ、ISO22000など
環境
  • 化学農薬、化学肥料の節減
  • 環境保全型農業技術
有機JAS、特別栽培農産物、エコファーマー、IS014000
品質
  • 栽培法
  • 品種、系統
  • 味(糖酸度、旨味、コク)
  • 原産地呼称管理制度(フランス、長野:ワイン、日本酒、米など)
  • 伝統野菜認証制度(大阪府)
  • 産地内の差別化ブランド:ミカエース、高糖度トマトなど

ページの先頭へ戻る

この認証制度とGAP(ギャップ)の関係は?

GAP(ギャップ、農業生産工程管理)とは、や食品の安全、環境保全、労働安全、品質向上など様々な目的で、適切な農業生産を実施することです。目的に応じた適切な生産方法を決め、リストアップし、リストを確認しながら作業を実施し、それを記録します。適切にできなかった場合は原因を検討し、次の作業や次期作に向けて見直しを行います。これを繰り返すのがGAPの取組みです。しずおか農林水産物認証制度は、GAPの手法を取り入れた安全管理の取組みを認証するものです。  

ページの先頭へ戻る

認証を取得するには、どうしたらよいですか。

農産物・特用林産物・畜産物の場合は最寄の農林事務所地域振興課又は県庁地域農業課・畜産振興課・林業振興課に、水産物の場合は県庁水産資源課にご相談下さい。認証基準の説明、取得向けての支援等を行います。

ページの先頭へ戻る

認証に掛かる経費は、どの程度ですか。

認証審査に係る経費は無料とします。ただし、この専用ホームページへの登録や運営に要する経費の一部を負担していただきます。

ページの先頭へ戻る

生産組織でなく個人生産者が認証を取得するためにはどうすればよいか。

個人生産者の場合は、内部検査と内部研修が課題となります。内部検査については、家族経営などの場合であっても内部検査の責任者が設置され、マニュアルに基づいて適正に実施される体制が整備されていれば問題ありません。内部研修は、安全管理について確認する機会を家族や雇用者の中で話し合うとともに、外部の研修に参加することなどで対応することになります。

ページの先頭へ戻る

「ほ場作業の衛生管理や異物混入対策ができているか」などの認証基準は、どのように取り組めばよいのですか?

「認証制度の手引書」の中で、審査基準ごとに細かなチェック項目を説明しています。例えば、「ほ場作業の衛生管理や異物混入対策ができているか」には、ほ場内にマシンオイルなどが放置されていないか、収穫用コンテナが汚れていないか、除草ができているかなどのチェック項目を設けています。

ページの先頭へ戻る

食品事故が起こった場合、責任はどうなりますか?

この制度は、申請者の安全性確保のシステム等を認証するもので、製品を直接認証するものではありません。製品が認証基準に準拠していることを保証するのは生産者自身です。

従いまして、生産段階の管理に原因する食品事故等があった場合は、直接の責任は認証取得者が負うことになります。その場合、県は、事故を起こした食品の迅速な回収を指導するとともに、認証取得者と一体となって原因究明し、経緯・再発防止策を講じます。

また、認証取得者に法令違反等が確認された場合は認証の取消しもあります。

前のページへ戻る

ページの先頭へ戻る